【断捨離39個目】末の子もとうとう幼稚園児に。わたしの育児お役立ちグッズNO.1☆6年間使い続けたエルゴの抱っこひもを処分しました。

Pocket

長男出産後の1か月検診から、次男が3歳になるまでずっとお世話になったエルゴの抱っこ紐

次男も今年から幼稚園に入園し、もう使うことはないので、処分を決めました。

スポンサードリンク

【断捨離42個目】抱っこ紐(エルゴ)

こちらのエルゴ、6年間ほぼ毎日、しかも外だけでなく家の中でもずっと使い続けてきました。

連日の2時間おきの授乳(24時間体制)で、もう眠くて気を失いそうになりながらこのエルゴで夜泣きの息子たちを抱っこしていた6年間。
思い出すと泣けてきますよ・・・。
ちょっと前のことなのにもう懐かしいです。ぐすん。
でもあんな過酷な日々はもう二度とやりたくないですけれど(苦笑)。

私の育児はエルゴなしには成り立たなかったです。本当に。
特に長男は授乳以外はずっと抱っこしていないと泣き続ける赤ちゃんだったので、腰と肩の太いベルトと背中のバックルで、上半身全体に重さを分散してくれる抱っこ紐じゃないと、そうとうきつかったんじゃないかと思います(ほぼ24時間抱っこでした)。

思えば6年間あんなに使い倒してたのに全然壊れないってすごい耐久性ですよね。
日よけの布は穴が開いちゃいましたけど、基本的な部分はいまだにしっかりしてますもん。

わたしのNO.1育児グッズです。

ちなみに、エルゴ単体では赤ちゃんが首が座らないと使えないので、インファントインサート(新生児パッド)を使ってました。
巨大なA型ベビーカーを買いたくなかったので。

インファントインサートがあれば産まれてすぐにでもエルゴが使えます。

わたしが使っていたインファントインサートは、今は実家の屋根裏収納にしまってあります。
わたしの下の妹がもう一人くらい赤ちゃんを産むかもしれないので、まだとってあります。下の妹もエルゴ愛用者なので。

エルゴには「ありがとう」の気持ちをもってさようならしました。戦友と別れるかのような気分でした。
思い出のエルゴを処分したことで、モノへの執着も少し吹っ切れたような気もします。


スポンサードリンク


コメントの入力は終了しました。