【断捨離35個目】収納場所のないものは愛用品でも処分!引き出しに入らない分厚い敷きパッドを捨てました。

Pocket

こんにちは。
暑くなってきましたね~。

先日、そろそろ冬物をしまわねば…と衣装部屋をガサゴソしているときに、ふと断捨離できるものに気づいてしまいました。

それは、冬の間だけ登場する、ぶ厚いあったか敷きパッドです。

スポンサードリンク

かさばる分厚い敷きパッドを断捨離!綿100%のフラットシーツに統一しました。

こちらの敷きパッド、分厚くて肌触りもよくてとても気に入っているのですが、唯一の欠点が、シーツを入れている引き出しに入らないこと…。

とってもしっかりした厚い生地なので、収納するとしたら、一枚でタンスの引き出しがいっぱいになってしまいます。
シーツ一枚に引き出し1つまるまる使うのももったいないので、洗濯したあとはタンスの上に積んでありました。

ただ置いてあるだけだと猫が乗って毛まみれにするんで、カバーがわりにバスタオルを被せているのですが、その敷きパッドを使うときは毛まみれにされたバスタオルを洗わなきゃならないっていう…。

いや、面倒くさいですよね。

で。
寒い時期もすぎて、この収納場所のない敷きパッドも、やっとクローゼットにしまう日がやって来ました。
タンスの上に出しっぱなしの状況からやっと解放される~と思った瞬間に気づいてしまったんです。

冬でも普通のフラットシーツでよくないか?と…。

実際、この敷きパッドの洗いかえの時は年中使ってる薄いフラットシーツを敷いているわけだし。

ということで、あったか敷きパッドを処分しました。

不思議なことに、捨てたあとのいつものスッキリ感はわかず。
ほんとうに寝心地のよい敷きパッドなので、ちょっとしょぼんとしてしまうくらいでした。

でも、必要になったらまた買えばいいんだから!


スポンサードリンク


コメントの入力は終了しました。