【断捨離14~16個目】捨てれない男の夫が、使わなくなったベビーチェアの処分に対して言った驚きの言葉

Pocket


スポンサードリンク


こんにちは。
今日は子ども部屋のクローゼットに向き合ってみることにしました。

我が家のクローゼットはどれもたいがい魔窟で、何が入っているのかほとんど把握できてません。

それではオープン!

どかんと突っ込まれてるチェストがまず目に入りますが無視
まわりの何が入っているかわからないカオスも無視

じーっと数秒眺めて「これ、捨てよう」というものを抜き出しました。
上段・天袋部分に詰め込まれていた、ベビーチェアお風呂のふた物干しハンガーです。

スポンサードリンク

【断捨離14個目】ベビーチェアの断捨離

ベビーチェアは長男が幼稚園の年中さんくらいまで使っていたものです。
私が「長男が使ってた椅子、もう捨てるから」と言うと、旦那さんは「次男が子供イスを使わなくなるまでとっておけば?」と。

…。
なんのために?

次男の子供椅子は既にあるし、それもあと一年ほどでいらなくなるのに。

私があまりにポカーンとした顔をしていたのか、旦那さんは「いやさ。次男のイスが壊れた時のためにさ」と付け加えてました。

いや…あれはそうそう壊れないでしょ。
ゾウが踏んでもきっと壊れないよ。
万が一、我が家に巨大生物が乱入するかなんかしてキッズチェアを破壊しても、次男は正座すれば椅子を使わなくてもご飯食べれるから大丈夫です。

【断捨離15個目】お風呂のふたの断捨離

お風呂のふたは、すぐに赤カビだらけになるので、入居一年くらいで早々に撤去しました(ミゾがね…)。

実家でもお風呂のふたは当たり前のように使われていたので、赤くなるたびに「面倒くさいな~」と思いながらミゾをカビキラー+歯ブラシでこすっていたのですが、「使わなきゃいいんじゃないか!」と気づいたときの、あの感動は忘れられません。

そういえば、実家のお風呂のふたは黒カビが落ちなくて、ぬるぬるしてて、触るのがイヤだったなぁ…。

【断捨離16個目】物干しタオルハンガー

開くと傘のようになるアレです。

アレ↓

開くとタオルハンガーの直径が窓の開く幅より長くなってしまうために、外干しのたびに傾けて竿の一本一本がバタバタッとなりせっかくキレイに広げて干したタオルがぐちゃっとなる(擬音語ばかりですがわかりますでしょうか)のがストレスで、ずっと使っていませんでした。
タオルも普通のハンガーにかけて干すようにしているので処分します。

クローゼット断捨離後・・・ちょっと空間ができました

クローゼットの上段にわずかに空間ができました!(わずかに!)

ちなみに天袋右側の段ボール箱には「アルバム」とマジックで書いてありました。
開けるのこわすぎる。

とりあえず場所を取っていたものを処分できて満足です。

粗大ゴミ費用節約のために「粗大ゴミ解体ノコギリ」を購入しました

処分は、ぜんぶ粗大ゴミのつもりだったのですが、子どもイスに200円・お風呂のふたに200円、物干しハンガーに200円・・・

合計600円かぁ・・・。
これから断捨離を進めてゆけばもっと解体するものが出るだろうから、もっと粗大ゴミが出るでしょう。
自分で細かく解体すれば燃やすごみに捨てることができて粗大ごみ費用を節約できるのに・・・!

という思いが頭をよぎり、買ってしまいました!
その名も粗大ゴミ解体ノコギリ!!

これです!

なんとパイプベッドも解体できるという有能っぷり。

衝動で今日注文してしまいました。
届きしだい解体作業を開始したいです。


スポンサードリンク


コメントの入力は終了しました。