おもちゃの断捨離をしました。捨てる判断ができない子どもの私物を「処分する基準」とは。



スポンサードリンク


子供のおもちゃの断捨離をやりました。

うちの子は、幼稚園年長(5歳)の男の子と、3歳になりたての男の子の二人です。

前回のおもちゃの断捨離は今年の夏休みでした。
その時は長男に「いる」「いらない」を判断させたのですが、結局「ぜんぶいる」「ぜんぶいらない」の判断しかしてくれなくて断捨離にならず…。

なので今回は、私(母親)の判断で捨てるおもちゃを選びました。
判断基準は、「一ヶ月以上遊んでいるところを見ていないおもちゃ」です。

おもちゃ断捨離は長男が幼稚園に行っている間に決行。
次男はそばにいましたが、ぜったいに邪魔されると思いきやブロック遊びに熱中して見向きもしませんでした(成長したなぁ…涙)。

捨てることになったおもちゃはこちら。
IMG_20161013_181508

スーパーの袋半分くらいでしょうか。
いずれも、一ヶ月以上触れさえされないものばかりです。

ちなみに、帰宅した長男は、おもちゃが減ったことにまったく気づきませんでした。

もうひとつ、捨てたおもちゃはこちら。

IMG_20161013_203815

ボールや車などを転がして遊ぶおもちゃです。
長男が赤ちゃんの時にものすごくお世話になりました。

しかし成長すると、馬のようにまたがって引きずり回すようになり、次男もマネして危なくてしょうがないのでずっと封印してました。

大きいのでバラバラに解体して処分します。


スポンサードリンク