役立つおすすめ赤ちゃんグッズ!ペットボトルストロー「ボトルでチュー」は必需品。

Pocket

先日、次男が2歳になりました。

やることなすこと一丁前だし、こっちの言ってることもほぼ理解しているし、言葉も少しずつ出てきてます。

もうほとんど赤ちゃん卒業ですね。
一番手のかかる大変な時期が終わり、これから楽になる一方だと思うと、ほっとするような、寂しいような。

次男はお兄ちゃんというお手本がいるだけあって、色々な面で成長が早く感じます。

特に長男は3歳半くらいまでほとんど言葉が出ず、食事もスプーン・フォークをいっさい使えない(使わない)状態だったので、赤ちゃん時代がすごく長いような感じでした。

なので、次男は、一歳のうちに長男の幼稚園入園直前くらいまでの成長を見せていて。
成長速度としては普通なんでしょうけど、私にとっては「もうそんなこともできるの!?」と驚きの連続です。

そんな、ベビーを卒業し、すでにキッズに足をふみいれている次男。
コップも上手に使って飲めるようになりました。

飲むのはとっても上手なんですが、飲み残して机に放置したコップをそれはもうよく倒すのです….。

なので、普段は、水を入れたペットボトルにペットボトルストローをつけたものを机に置きっぱなしにしてます。

ペットボトルストローはピジョンやリッチェル、ミキハウスなどの有名どころから100均まで色々ありますが、我が家が歴代使用しているのは、ピップベビーの飛び出すストロー「ボトルでチューN」です。

IMG_20151006_204233.jpg

専用パーツ等必要なストローマグを買わなくとも、ペットボトルがストローマグに早変わり。
しかもほとんどの種類の500mlのペットボトルで使えます。

IMG_20151006_204224.jpg

これなら倒してもこぼれないし、喉が乾いた時にいつでも水を飲めます。

蓋も明け閉めしやすいので、次男は一歳半くらいから勝手に蓋を空けて水を飲んでます。
飲み終わるとちゃんと閉めるのもすぐに覚えました。

IMG_20151006_204218.jpg

飲み口はこんな感じです。
口当たりもつるりとして、赤ちゃんでも安心♪

うちは長男の時は長らくミキハウスのトレーニングマグセットを使っていましたが(出産祝いにいただきました)、洗うときにいちいち解体して洗うのが本当に面倒で(長男は私べったりで離れることをいっさい許してくれませんでした。汗)、泣き叫ぶ赤ちゃんを片手で抱きながら、さっと水でストローマグをゆすいで再利用の毎日・・・。

もうね、すぐに真っ黒になるんですよ(泣)
蓋の裏とか、ストロー部分だとか、底の部分だとかゴムパッキンなんかが。

衛生面でかなりまずいですよね。
赤ちゃんが使うのに。

かといってこまめに洗うことも無理だったので、替えのパーツを何回か買い換えたりしてました。
でも、パーツだけで600円とかするんですよ(泣)
安いマグマグなら本体ごと買えますよ。

ちなみにミキハウスのマグマグは、赤ちゃんでも扱いやすくてすごくいいマグマグでした。
かわいいし。レンジ使用可だし。
ちゃんとこまめに洗って使える人ならかなりおすすめ。

このミキハウスのトレーニングマグで、長男は、哺乳瓶仕様のベビーマグ→スパウトのトレーニングマグ→ストローマグと練習させてもらいましたが、もう2年も毎日使っていると本体もだいぶ傷んできて。
新しいマグマグを買おうかなぁと思っていた矢先・・・。

ペットボトルストローなる画期的なものを発見したんです!

ペットボトルだったらすぐに買い換えられるし、ペットボトルストロー自体もマグマグに比べればずっと安価なので、汚れが目立つようになったら買い換えればいいし。

もう、抱っこ星人の赤ちゃんを持つママズボラなママ(私はどっちも兼ねてます)にはぴったりですよ。

今回も、ストロー部分がくもってきて、水洗いじゃ曇りが取れないので買い換えしました。

使うたびに洗うことができたり、漂白することができるなら、良いものを長く使えて経済的にはいいだろうけど、そうでないならこうやって頻繁に買い換えたほうが手間隙もかからないし、衛生的です。
そんな高いものでもないですし。
使うのも、子どもがちゃんとコップを扱えるようになるまでですものね。

出かける時も、バッグにぽんとそのまま放り込んで出発できるので、かなり便利です。

余談ですが、このペットボトルストローを買うために薬局のベビー用品コーナーに行ったのですが、哺乳瓶やベビーパウダー、離乳食のレトルトパウチなんかを見ながら、「もうこういったベビーグッズには用がないんだなぁ(悲)」とすごくさびしくなりました。

次男がおむつを卒業すれば、もうベビーグッズのコーナーなんか寄りもしなくなりますよね。

子どもの成長は嬉しいけど、やっぱりちょっとさびしい気持ちになったのでした。


スポンサードリンク